#023 ハイライト展2012 - 2013



ハイライト展 2012 - 2013

| 出展作家 | 石山貴美子 大洲大作 マイケル・フェザー 藤井春日 山本雅美

2013年9月3日(火) - 9月30日(月)




highlight2013

© 藤井春日




| 展覧会概要 |




この一年間の企画展を振り返り、

改めてもう一度見てみたい作品で構成する展覧会です。

オリジナルなアプローチで世界を切り取り、

それぞれの手法で提示する5人の写真家たち。

彼らの眼差しが見つめた作品世界に向き合うことで

“見る”という単純な行為が持つ、

深い喜びと鋭いインスピレーションが実感できるはずです。







| キュレーター・トーク |

キュレータートークの日時決定いたしました!

9月18日(水)16:00~16:30





|作家プロフィール|

石山貴美子

Kimiko ISHIYAMA

1947年 秋田県生まれ。
近年は東京、パリ、ベルリン、ハノイ(ベトナム)、国内外での個展、グループ展に積極的に 参加。
五木寛之氏のエッセイ「流されゆく日々」(日刊ゲンダイ連載)でのコラボレーションは1984年にスタート以来、実に20余年わたるロングランを現在も継続中。

大洲大作

Daisaku OOZU

1973年、大阪生まれ。
列車などの「車窓」に踊る、一瞬または連続する一瞬の「光」を出発点に、湿度や情感が風景に重なって心に映し出される、目には見えない光景を追う作品《光のシークエンス》を制作。
また、風景の「影」に潜むものを不可視光によって探る作品《INVISIBLESCAPES》を平行して制作している。

マイケル・フェザー

Michael FEATHER

英国リーズ生まれ。
リーズフォトグラフィー デザイン プリンティングカレッジ卒業。
ウォルマート・アズダをはじめ、英国を代表する企業の広告を撮影。
ロンドンフォトグラファー協会コンテスト若手の部ランドスケープ部門1位、スティルライフ部門2位受賞。
その作品が認められ、英国人人気作家ピーターメイルの「南プロヴァンスの12ケ月」表紙写真を撮影。
2008年より東京にて活動を開始。東京在住。

藤井春日

FUJII Haruhi

東京生まれ。
武蔵野美術大学を卒業後、写真表現の道へと進む。
写真、ムービー撮影等、活動のシーンは多岐にわたるが、とりわけ書籍という閉じられた空間への表現に深い関心を寄せる。
また、重層するクリエーションが生み出す異なるジャンルのアーティストのコラボレーションにも独自の価値観で参加している。

山本雅美

Masami YAMAMOTO

広島生まれ。
感覚および感情を具体的に表現するさまざまな変換過程への興味から写真表現に辿り着く。
三次元の現実世界を二次元の写真表現に置き換える変換点に、第三者が共有できるピンポイントな視点と独自の美意識の導入を試みる。





|作品の購入および展覧会の内容に関するお問い合わせ|

(株)クレー・インク info@klee.co.jp
Tel: 03-5410-1277 / Fax: 03-5410-1278